品川 博プロフィール:
昭和29年9月26日生まれ(55歳/H22現在)島根県出身。
父は地元で山師を生業とした4人兄弟の末っ子。
中学を卒業と同時に先に左官業に就いていた兄を追い、
兵庫県加古川市で左官修行を開始する。
高度成長期を軸に多くの公共建築に携わる。
オイルショックで一時的に現場が低迷した頃、それまでに
興味があった[擬木]の製作に取り組む。元来の凝り性から
遊びで始めた[擬木]製作であったが、次第に造形製作へと
進化し、新たな品川ワールドとして開花して行く。
本業の左官でも、建築全般を見据えた工法を積極的に
取り入れ、業界からも注目を集め始める。
1999年、加古郡播磨町[円満寺・仁王造]の製作に携わり
その作品が高く評価され平成7年「技能顕功章」を受賞。
他にも「漆喰押さエ鏝」や「ドライウォッシュ工法」の開発等、業界に貢献。 左官仲間は全国に広まり、
その活動範囲も広い。 平成12年独立、品川左官として現在に至る。

平成4年、品川氏37歳の頃
趣味で作り始めた
セメント造形作品が50点を
数えたのを期に開催された
個展では約640人が訪れた。
来訪者には同業者も多く、
その緻密な完成度に魅了
された者も多く、その後展示
作品は無償で施設や団体に
寄贈された。
    (資料:産経新聞)
五重塔の梁を支える化粧柱に
施した「龍」の彫刻。 
平成5年の作品。円満寺より。
平成18年に開催されたNPO法人加賀左官伝統技術保存会主催の左官仕上げ、
左官アートの展示会「第2回左官アートコンペティション」で技術保存特別賞を受賞。
「ひかりとあそぶ山水仕上げ」(作品左)※床の間の壁をイメージ。薄暗い時には
見えないものが、上や横からの光りによって浮き上がってくる。
なでる・ひきずる・叩く等の鏝使いで表現した作品。
「なつかしい壁」(作品右)※故郷を離れて暮らす人達が、一息入れる喫茶店や
郷土料理店にあったらと願い製作した作品。 良く見ると作品上にセメントで造形
された蟻が数匹歩いている(?) 気付くと同時にハッとする作品。

★見本板も数多く製作すると言う品川氏の持論は大きく分けて二つの考えが
秘められている。 一つは左の作品に見られる「見る者に想像力を持たせる」
それでいて手間を掛けず手頃であること。 次に右の作品で見られる手間を
掛ける以上は「見るものがハッとする」作品作りであること。ただし如何なる場合も
左官は壁を綺麗に塗れて当たり前、その先の一線を越えた所を目指すのが
重要と語っている。見本の段階で既に「空間の世界観」を描くことで、より
左官技術の素晴らしさが施主や設計士に与える影響は少なくない。

まさに品川氏ならではの真骨頂がこれら「セメント造形」の作品群。 初期の頃は大型作品も多く
手掛けていたが保管に場所を取るため今は主に小型作品が中心になっている。
特徴はセメントと樹脂+色粉で製作。 蟻の脚は針金を使用。 色も塗装ではなく、セメントを配合し
仕上ている。 道具は兄による自作品を使用している。セメントを知り尽くしている彼だからこそ
成せる技で、そこにはビルの補修工事で培った経験も生かされている。
尚、これら技法には品川氏独自の材料配合を使用されているため、既成調合材料では無理。
彼の作る材料からはプラスチックのようにカッターで薄く切り取ることも可能となる。
調合方法は企業秘密とされている。
上記2点も品川氏の作品。
これらは1998年に刊行された「左官建築探訪」にも
彼の作品が数多く掲載されている。

    日本左官連合会資料より

品川氏は指導者としても多くの活躍を見せている。 その品川氏の心情には常に左官の
技術向上と伝統文化保存の熱意が注ぎ込まれている。
ただし、ただ古いものだけが良きとはせず、現代技術を活かした、より良い工法が
これからの左官にとって重要な視点と考えている。

そして、新たな出会い。ドライウォッシュ工法。
品川氏の昨今は自ら考案したドライウォッシュに夢中である。
これは左官の技術を生かしながら身近な材料や素材を用い、
費用も環境にも優しい工法と言える。
彼を知る設計士からは多くの見積りが寄せられ、完成図面の
一部にはすでに「ドライウォッシュ工法」の文字が書き込まれて
いるものもあると言う。

※なお業界雑誌「建材フォーラム」2009年11月号でも
「ドライウォッシュ工法」の特別記事が掲載されております。

「職人魂トップ」 めざせ左官鏝最強ページ
HOME左官・タイル工具カタログ一(二)級左官技能試験使用工具一覧表
新作鏝のご紹介オンラインショップ
商品購入 ■業者専用掲示板
左官ブラシ 焼印のページ ヘルメット製作 釘袋・道具袋
土間鏝 ■クシ鏝 面引鏝 角鏝 仕上鏝 レンガ鏝

つまみ鏝 ■目地鏝 ■プラスチック鏝 シゴキ鏝中塗鏝